FC2ブログ
2007/09/09

ティハニィで昼食を♪8月20日07

師匠のお宅をおいとまする日になりました。3泊のうち、段々と天気が悪くなってきて、この日は雲が厚かったです、、、。

でもせっかくですから、バラトン湖を回って帰ることにしました。朝10時半頃出発!
師匠、お世話になりました~~また来ますね~~♪

道を教えてもらって、ネットで行き道をコピーしてもらったんですが、
なにせ標識にそのとおりに書いてないのがハンガリー(笑)

道を間違いながらも、またハンガリーのお城を横目で見て。
小雨が落ちてきたかな?って天気でした。皆さん、歩いて登ってます。
(地図が見当たらず、お城の名前がわかりません、、、。)

(シュメグ城でした。6月11日09年ハンガリー娘さんの写真を見て分かりました)





方角は正しい事を確認(笑)


このお城を通った後、まだしばらく走りましたよ。

そしてやっと湖畔の町に」到着。町の中心はすごい人手でした。
この日、ハンガリーは祝日なのでした。
まずは、腹ごしらえ。駐車場から中心地までちょっと歩かされました。

5番街での朝食ではなく、バラトン湖畔の町Tihany [ˈtihɒɲ](発音記号のせますが、ハンガリー語は難しいです)発音記号が文字化けしてるPCもあるかもしれません、、、、、スイマセン。

ティハニィでの昼飯です(爆)


グーラシュスープ・パン付きと、鶏のグリルサラダ添え。二人で分けました。食べやすかったです。
観光地でしたが、我々には安めでした。ユーロで払いました、カードダメだって言うので。フォリントは沢山持ってませんでした。

一息ついたところで、中心地へ
教会が、中に入るにはお金が必要です。
この日は天気が悪かったので、入らずに次の機会にしました。



この教会の後ろが湖なんですが、生憎の天気で暗くてきれいに見えませんでした、、、。

それで、近所をうろうろ、面白い家ですね。唐辛子が下がってます、山のように♪


アップで。



引っ込んだ道にもこんな風に干してありました、ニンニクとパプリカです



寒くなってきたので、次に行こうと出発。
このあたりから雨が酷くなり、行こうと思ってたVeszpr??m(ˈvɛspreːm)を素通り、磁器で有名な
ヘレンドも素通り、、、、。

途中ものすごい経験した事の無い酷い降りかたになり、レストランの駐車場に避難しました。
先が見えない土砂降りでした。道で止まったら後ろからドンってきてもおかしく無かったです。

ラッキーな事に車は少ない道でした。
10分ぐらい待って弱まったので、再び走り出し、国境はハイリゲンクロイツでハンガリーからオーストリアに抜けました。

そこからグラーツを素通りして高速で、有料タウエルントンネルを通り、ザルツブルクの手前アニフで満タンにして、ドイツへ。
雨じゃなかったらもう一泊ぐらいしたかったんですが、また次の機会もありますから。

ハンガリーもいい所ですよ~~♪

どうもお付き合いいただきましてありがとうございました♪
2007/09/09

ちょっとお茶に8月19日07

ハンガリーと言っても、師匠のお宅はオーストリア国境から車で5分♪
我々が国境を通るときは、スタンプを押されますから面倒なんですが、、、。

オーストリアに45分ほど入ったところにお城を改修したホテルがありました。
名前は、、、失念、探せば出てきますが、、、ここまで来たい日本人はいないでしょうから、(省略・笑)
もしどうしてもと言う方はお知らせください(爆)

中庭でお茶しました。








ケーキは、ザッハートルテ(チョコ)に、アンズのケーキです




大きさは、日本並み? ですが、2つ、3つお皿にのってました♪
コーヒーも美味しかったです。
2007/09/08

四日目ハンガリー

こちらがまだ完成してませんでした(笑)
いよいよハンガリー編です。

師匠と市場に買い物に行きました。今日の晩ご飯はお庭でグリルです。
窯のこけら落としをするそうで、師匠自らパプリカ選びに真剣です。









左が薪の窯で右はガスです。窯でステーキを焼き、ガスでソーセージ、野菜などを焼きました♪
バカウマでした!



この崩れかけてる家はこの辺りの土地も一緒に師匠が45万円ほどで買ったものです。
この写真の上が師匠の持ってるワイン畑で、これで下の道まで全部所有できたとお喜びでした♪
これからの修理計画を拝聴、、、。出来上がったら泊りに来いって、、、ここで何しますの??(笑)



8月19日はまだヒマワリが咲いてました♪





>追加しました、師匠のウラ庭です。奥の小屋がグリル、外で食事用です。
5月末に行ったときの写真です。


2007/08/25

三日目④メルク教会庭

教会から外に出ますとコロマンの庭です。
教会に向かって左側の建物に図書室、右に大広間です。




出口には売店があります。そこを抜けて
「高位聖職者の庭」を通り、駐車場への途中に公園があります。
ガーデンパビリオン、中で演奏会もできるようです




そこの壁の絵です



庭の一角です、木の幹が白いですが色が塗ってありました。
防虫の為か、見かけのためか??です。





この日は、小雨が降ったりと肌寒く、観光客の服装も真夏とは思えませんね。


長い間、お付き合いくださいましてありがとうございます。
メルク編、終了です。



あの、、
またなんですが、、、、、、

今から、北イタリア、ドロミテ地方に、3泊で山の景色を見に行ってきます。
あちらは良く晴れてるそうです!ドイツ語が通じますので安心です♪

途中の道は12キロ渋滞してるそうですが、、、、、

皆さん、どうぞお元気で。
良い週末をお過ごしくださいね♪

山の写真を撮ってきます~~~では♪
2007/08/24

三日目③メルク教会

図書室から螺旋階段をおりて教会に入ります。
そこには厳かな大きなバロック様式の教会がありました。






円蓋、フレスコ画はJ,M,ロットマイヤ1716~1717年






西側の端にあるパイプオルガン、ウィーンのオルガン製作者ゴットフリート・ソンホルツ作だったが1929年の改築の際、前面以外全て破損してしまい、1970年グレゴル・フラデツキーにより再建されました。








祭壇に向かって左側



右側




外に出る前にあった螺旋階段です。上に向かって撮ってます。