FC2ブログ
2006/09/30

ドライブが、、、、、

昨日買った、ホイールキャップなんですが16インチ用なのに大きすぎてというか、ゆるゆるですぐに外れてしまいます。それで、返品してきました。

別のを捜して、自動車部品店を見ましたが、30とか40ユーロするし、ほんとに合うか??なので
オリジナル(60ユーロ)を注文する事にします、はじめからしとけば良かったですね、、、。

で、気を取り直して高速へ乗ろうとしたら、ラジオで25キロ渋滞が2ヶ所も行く方向にあると言ったのです(涙)それで、取り止めました。
近場の川ベリをウロウロして80キロほど走って、昼をイタリアレストランで食べて帰ってきました。
デジカメ、撮ろうとしたら電池切れ~~いつもこうなんですよね、次回は控えのバッテリーを持っていきます。

明日にでも出直そうと思ってます。

2006/09/29

納車日♪

29日、朝から近くの駅まで歩いていってタクシーに乗って、シトロエンまで行きました。
これも、下取りに出す車が故障中で乗って行って引き換え出来なかった為です。

(あ、ドイツでは流しのタクシーはありません。タクシー乗り場に行くか、電話して呼びます)

9時半ごと到着して、担当セールスマンから説明を受けました。なにせ初めてのシトロエン、
一緒に乗ってもらい、近くの道路で後方センサーの使い方とか、車体の上げ下げとか学習。

ディーゼルなのにキーを回せばすぐにエンジンがかかります。
昔は、一度ひねった状態で、黄色いランプが消えてから全部ひねるって感じだったんですが、
進歩してます。想像以上に静かです。町中を走るのには問題ないパワーでした。

平日でしたので、高速はまだ乗ってません、明日にでもエンジンの回転を抑えながら100キロぐらいで流してこようと思ってます。2000キロぐらい走った所で無料の点検を受ける事になってます。
なんかあっという間にそのぐらい走りそうです。

冬用タイヤ・ミシュランは鉄ホイールにつけましたので、ホイルキャップが必要になりました。
オリジナルは60ユーロ(約9000円)なので、ホームセンターで20ユーロのを買って来ました。

夏になるとオリジナルのアルミホイール登場です、待ち遠しい~♪
11月になると雪が降ってきます、その後、タイヤ交換するとなると長蛇の列でになるので、はじめから冬タイヤを付けてもらいました。

妻は花束をもらってうれしそうでした。

写真の後ろが、うちの車庫です、、、、。サイドミラーをたたまないと入りませんでした。
中もギチギチ、、、

2006/09/26

納車日決定♪

火曜日、朝からシトロエンに保険会社の書類を持って行きました。
今月中に新車登録をしたいみたいで、29日(金)朝に受け取れることになりました。
車も見てきました、搬送用シールとかがまだ貼ったままでしたが、メーター類も高級感ありました。
この時期ですので、アルミ夏タイヤじゃなくて鉄に冬タイヤで納車してもらいます。

下取り車は修理が済んでからもって行けば良いそうです。

こういうサービスはホントにうれしいです。
日本では当たり前かもしれませんが、陸続きのこちらではトンズラすることも可能ですから、、、。

田舎なので半径50キロ内の販売店は皆、知り合いらしく、私の素性も安全だと伝わったのかもしれません。日本人だというと、大抵、信用してもらえますが、これも先人と日本のおかげです。

土曜から火曜までうれしいことに4日連休なんです、早速ドライブに行ってきます。
お天気次第なんですが、フランスのアルザス地方か北イタリアの山間か、オーストリアのチロル地方?
ドイツワイン街道沿いもきれいかもしれません。

すいません、待ち遠しくてウカレてます。

2006/09/25

車到着♪

C5が到着したと販売店から連絡がありました。
うれしいんですが、まだ下取りに出す車の修理すら始まってません、、、。

エンジンが来てないんです、、、あ~~~あ(涙)

部品が来るまで2週間、、、さすが外車に乗るとトラブッた時は大変です。

でも、どんな色か実際に見るのは初めてなんで見に行ってきます。

2006/09/19

納車予定日

あと1週間ほどでC-5が販売店にくると連絡がありました。予定よりちょっと早く来ますが、、
問題が、、、、、。

というのは、今のVersoです。
ハンガリーに着いた時、(約800キロ走行)オイルの量はオイル棒の上限下限の中間でした。
帰宅後調べたら、下限の線上。はじめがどこまで入れてあったか知らなかったので、販売店にもって行きましたら、オイルがやはり1.2Lぐらい減ってました。こうなると「普通」と言っていられなくて、
エンジン下部交換になります。日本からの圧力?のおかげでしょう。3年補償の後、お金を払って2年の延長をしておいたので本当に良かったです。

でもエンジンが来るまで2週間ぐらいかかるそうです。それから交換作業に3日ぐらいで、せっかく早まったC5の到着ですが、かえって納車は遅れるようです、、、、ハア~~残念。
10月初めの4日連休には間に合いそうにありません。

2006/09/17

ハンガリー




休暇残り1週間となったところで、ハンガリーの友人宅に遊びに行ってきました。
ハンガリーと言ってもオーストリアとの国境まで5分ほどの所で、ケーセックといいます。
ドイツ語も通じる所が多いです。喫茶店もユーロ支払いOKでした。

この一帯はワイン畑ですが、ここでは趣味で自分の庭でワインを作ってる人々が多く、友人の案内でワインをご馳走になりました。

写真の向こうにはバラトン湖があります。

ここの教会はとてもカッコイイと思いました。

07年3月7日、この記事が行方不明になってたのでちょと書き足して戻ってくるか??
やってみます♪

2006/09/07

ヴァッハウ・オーストリア


オーストリアのワイン産地もいろいろですが、04年7月24日メルクの教会へ行く途中にヴァッハウに寄ってみました。道路沿いのワイナリーで休憩して妻が試飲、2箱お気楽ワインを買ってきました。
グリュナーフルトリナー、ミュラー・トゥルガウ数種類取り混ぜて購入。有名な造り手とか調べてなかったので飛び込みでしたが、楽しかったす。

2006/09/06

修理完了

テン(Marder)に噛まれて破れまくってた冷却水ホースを6日(水)に修理してもらえました。
部品24時間サービスとか、あってないが如し、、、。

エンジンルームに水が飛び散りまくってました~って修理のお兄ちゃんが教えてくれました。
そんな状態なのになんですぐに修理してくれないのか??(1日に発生発見)

ついでにお兄ちゃんに「7000キロぐらい走って2.5Lもオイル減るもんですかね~」って聞いたら
「それはちょっと、おおい、、、、、、で、社長は何て言ってます?」(笑)

日本のトヨタにメールで事情を書きました。
そこから圧力かけてもらい、2000キロほど走ったらまた点検に行く事になりました。
「まめにオイル量を見るように」だそうです、やっぱりおかしいって分かってるじゃないですか。

この営業所で車を買ったのではありませんが、引っ越してきて3年、半年に1度タイヤ交換、定期点検は年に一度、故障の修理と頻繁に顔を出してましたが、今まで待たされてる間、水、コーヒー等、飲み物を出された事も聞かれた事もありません。まあ、そんなものですが、こちらでは。
でも今日、コーヒー飲んでる上客がいました。客の差別は他の客に知られないようにすべきですね。

今日の代車ですが、それにはジャンパーが入ったまま、タバコも入ったまま、整備の誰かの車だったようです。
今まで待ってる間とかに、「どうです、これ乗ってみます」とか「次の車はこれなんか」と購買欲を刺激される事もナシ。

わたしは日本流が染みこんでますから、このお店から未練なくシトロエンに行けます。
シトロエンに行っても、トラブッたら嫌な思いをするでしょうが、少なくとも楽しい車に乗ってますから。

アルファに乗った時、電動窓がよく壊れましたが、エンジン音が素敵で許してしまえました。

2006/09/05

トスカーナ




05年8月26日、トスカーナ地方の田舎ですがワイナリーホテルに泊まりました。
ホテルの回りはワインとオーリブ畑、行きつくまでは2台の車が対面通行出来ない所もあるような細い道でした。それで、現地人は、狭い所の前でクラクション鳴らしながら走ってきてました。

一泊朝飯付き、ツイン部屋(二人)が100ユーロ。
プールもあり1週間単位で滞在してる家族連れも多かったです。

隣に併設のレストランがスゴク良かったです、両親も食べられるステーキに野菜でした。
老人には塩辛いとか、脂っこいとか、クリーム系はもたれるとか、文句が出てくるんです(笑)
ここはOKでした。
写真なしが残念です、、、。

2006/09/05

バローロ



04年9月2日、バローロにワイン畑を訪ねて行きました。
有名なワイナリーを訪問する勇気もお金もありませんので畑を見回しただけでしたが、お客さんを案内してなら、ワイナリー訪問も有りかな、、、。