FC2ブログ
2006/10/31

5つのお城ルート


HUSSERENーLES-CHATEAUXという村から山の上に登っていきました。
11月15日からは閉鎖と出てました。雪が降ってくるのでしょう。

狭い道でしたが、車は少なくて、地元の車には道を譲ってのんびり走りました。
5つともみようと思えば、夏の日が長い時期が良いでしょう。
山の中間に2つ見えるのが古城です。

ワイン畑が広がっていました、有数のワイン産地です。

2006/10/31

Mont Ste.Odile






Obernaiの近くにあるOttrottに宿をとって、そこからMont Ste.Odileへ山道ドライブをしました。

Obernaiも可愛らしい町ですが、今回は素通り。Ottrottに夜6時半頃に到着。
すでに真っ暗です。村を散歩しようにも真っ暗ですからすぐに夕食。フレンチのコースをホテルで取りました。私のような中年のオヤジには、丼物とうどんのセットの方がはるかにありがたいです(笑)

食事はゆっくりと進んでいき、19時すぎに入って出たのは21時半過ぎてました。
静かなところなので、ゆっくりと休む事ができました。

翌日は晴れて、気持ちよく出発。この一番上の写真の教会に10時半ごろ到着しましたが、一番と二番目に近い駐車場はすでに満車、少し下にある3番目に停められました。両親を連れてきたら、一旦入り口で降ろして、車を停めに行く方が良いと思いました。坂道が年寄りにはきついかもです。駐車場は無料。




加筆です。

泊まったホテルと 夕食の一皿め。

2006/10/28

1回目の点検




走行距離2127キロとなり、1回目の点検に行きました。オイルとフィルターは実費で85、50ユーロ(約12500円)でした。

待ってる間、C6、C4ピカソ、C2、C3、プジョー等、並んでる車に乗ってみたりうろうろしてました。
子供用の一角があり、そこにはかわいいシトロエンもありました。ちょっと乗れませんでした(笑)

C4の運転席は、ハンドルに山のようにボタンがあり、機能もたくさんあって覚えるのが大変そうでした。
エアコンの調節は、左右のドアのすぐそば、斬新ですね。
後部席のエアコン調節は左右のドアの柱に独立してありました。

ブレーキの鳴きですが、聞いてもらいましたが、週末でもあり、まだ鳴ったりならなかったりですし、
様子見て、夏タイヤ交換の時に調整するか、ひどくなった時にまた持っていくか、にしました。

なお、トヨタですが、未だに修理部品が来なくて修理できてません。
6週間も部品が来ないという前代未聞の事態です。
トヨタはオイル足せば走れると言うのですが、
800キロ走って、0.5Lのオイル消費ですから遠出する時にはオイル持ちと言うことになりますね。
最初で最後のお付き合いになりました。

2006/10/26

レッシェン湖



南チロル地方に行く途中、レッシェン峠(1507m)を抜けると湖が出てきます。
02年4月5日に通りました。湖はまだ凍ってました。
お日様が出てるときは暖かでしたが、フリースのセーターを着てました。

イタリアに入る前のオーストリアの田舎に「STRAD」という道標。
バイオリン関係では、あの超高級ストラディヴァリウスの俗名が業界ではストラドなんです。

で、つい撮ってしまいました。

2006/10/26

アルペン街道・ミッテンヴァルト


ドイツバイオリン製作のメッカといっていい町がミッテンヴァルトです。

弦楽器に興味がなければ、スポーツで、夏、冬両方楽しめます。
すぐ先はオーストリア。

オーストリアに抜ける時に使う道の一つです。ガソリンはオーストリア側に入ってから、向こうが安いです。
写真は01年、10月30日撮りました。

2006/10/24

燃費


この前オーストリアで満タンにして1003、4キロ走行、走行可能距離150キロと出てましたので今日、満タンにしました。

自動で給油が止まるまで入れたら56、53L、もう少し入るはずですが、あふれるのもイヤですから止めておきました。

燃費はディーゼル約17.5キロ/Lと車の大きさから考えても、すごく満足できます♪

2006/10/24

シュヴェービッシェアルプ街道




シュトゥットゥガルトからウルムに走る高速Aー8から下道に下りてみると楽しいクネクネした道に出会います。
無名な街道ですが、車も少ないし、景色を見ながらのんびりとドライブでした。

途中、何故かC5ゆかりの旗が立っている喫茶店がありました。
手入れが行き届いていている庭がとてもきれいでした。

荷台の樹脂マット、受け取りに行ってきました。
これで安心して荷物を積む事が出来ます♪

2006/10/22

アッシジ


04年8月のイタリア旅行でここアッシジはどうしても行ってみたい所でした。
町の一番奥にこの教会がありました。
地下に下りていきましたが、一生懸命に祈りをささげている人々で言葉では言い表せない雰囲気でした。
健康で旅行できる我が身を家族で感謝しました。

小鳥に説教する聖フランチェスコの壁画もきれいに修復されてました。

2006/10/22

モンテプルチアーノ


よく飲むワインの一つにモンテプルチアーノ産があります。
それで、04年8月、イタリア旅行中にここにも寄りました。

駐車場から、登り坂をひたすら歩かされました。
この年はとても暑く、真昼に着いたので、汗ダラダラで歩いて行きました。
両親もめげずに良く歩きました。

2006/10/22

オルヴィエート


04年夏、両親を連れてイタリアの田舎を回りました。
その一つにオルビエートがあります。ここは小さな町ですが、大聖堂がで~んと建ってます。

すぐ隣にはプレハブの公衆トイレもあり、トイレの心配はありません(笑)
大聖堂の後ろにある有料駐車場停められました。