FC2ブログ
2010/08/31

9月に入りましたね



気が付けばブログ始めて丸4年が経ってました。
なんかあっという間に4年も過ぎてたのか??って感じです。

多くの方々に来て頂くようになり、本当にありがたい限りです。
これからも、いろんなこちらのお話をお伝えしたり、皆さんのお話を聞かせて頂いたり、
毎日の楽しみにしていきたいと思っています♪

どうぞ宜しくお願いいたします♪




日曜日に用事でミュンヘンに一泊してきました。

そこのホテルの朝食での出来事です。
食堂は狭く結構混んでました。

日本人カップルの若い男性の方、この寒さで風邪をひかれたようで、
食事中、ものすごく頻繁に鼻をすすってらっしゃいました、
大きな音でズーーーズーールって、周りは凍り付いてましたが、
ご本人は全く気にしてなかったみたいです。

鼻をすすり上げるのは健康上も良くないとこちらのお医者さんは言ってます。
食事中に鼻をかむのは、まったく気にしないこっちの人達も、
鼻をすするのはものすごく気になるんです(笑)

ビジネスでの失敗にもつながるかもしれません、
食事中もですが、会議中でもどこでも人前では鼻をすするのはやめましょう♪



Microsoft Silverlightをインストールしたつもりですが画像が貼れません、、、
「インストールする必要があります」とまた出てきます、、、
何ででしょうね、、、


試しにWIKI文法で昔の写真(XPに入ってた5年前のものです)を載せてみます。
マイセンです

2010/08/28

PCが動かなくなりました

メインPC・ドイツ語Vistaですが、これに写真、メールを入れていましたが、急に画面真っ黒、再起動しても、正常に終了しませんでしたとか言うことが書いてあり、そこでセーフモードに勝手に入っていき、セーフモードで立ち上げようとすると、再起動って言いながら途中で頓挫、画面真っ黒になります、、、。

はじめのうちは、セーフモードからセーフモード画面にに入れていたのですが、今では入れなくなりました、、、。

リカバリーCDを入れて、修復を試みましたが、修復した後の再起動の後、上がってきません、、、

色々、やってるうちに深みにはまってますます壊れたのかも、、、、(涙)

詳しい友人は帰国中、、
それでしばらく写真、メールが出せません、最悪、今までの写真やメールが全部パー、、、、、、か、、、



この記事は、日本語専用のXP/PCで書いてます。
もちろん、このPCにまたメール設定をすれば、メールは復活出来ますが、それもまた問題でして、、(笑)


と言うことでして、皆さん、どうぞお元気でお過ごしください♪

2010/08/26

ロワール三日目アゼー・ル・リドー城

庭を歩いてくたびれましたが、まだまだ先があります。

午後1時過ぎでした


向かう先はアゼー・ル・リドー城
この二つは近くにあります

ここも町の中心に駐車場がありました。またもう少しお城よりにもあります。

暑い日でした、、、日陰を歩きたがる我々(笑)






門が閉まってます~が、大丈夫、左の扉がチケット売り場です




木に隠れて










橋の上から左側を





正面入り口
フランソワ1世の紋章サラマンダー(火とかげ)が見えます



この中の階段





階段の途中から入ってきたほうを





寝室
ここに1619年、ルイ13世が寝泊りしたそうです





大広間




トカゲの暖炉



螺旋階段


一階、二階と見て回れますが、なにしろ沢山の部屋があります、、、、

外に出ましょう












ミッキーマウスの雲





フランス観光開発機構オフィシャルサイト
です
http://jp.franceguide.com/home.html?nodeID=149&EditoID=71739
2010/08/25

ヴィランドリー城その2

お庭の方に
「愛の庭園」を横目に




歩いていきますと先は
「水の庭園」



また少し戻りまして



マルタ十字架


















ラベンダーではないといったお花です


アップで













歩いていきます





梨がなってます




菜園の地図です、とにかく広くて美しい~~!!




ここはまた来たいです!!
お城の中に入ると、屋上からの眺めが堪能できます。

またお城の左側の森の途中に見晴らしのよい所があります。

お気に入りのお城になりました♪



2010/08/25

ロワール三日目ヴィランドリー城

朝から美味しい朝食を食べて出発~(まだ8月5日)


途中、川べりにお城が見えました




これは、ショーモン城帰りに寄るつもりです、証文書いときました(うそです・笑)





ロワール川沿いに、いろいろあるんです
名前、分からず、、、、



駐車場は町の真ん中に無料でありました。そこのトイレは男女兼用ですが、機能します。
お城に入ってすぐのトイレは混んでましたので、ガマンしてる人はここでどうぞ。



お城の方に歩いたら道端にも置ける所がありました。


見えてきました、ヴィランドリー城
1536年頃に完成したこのお城は、ルネッサンス期にロワール川沿いに建築された大規模な城としては最後を飾る物です。(パンフレットより抜粋)





入場料9ユーロ、日本語のパンフレットがあります(庭だけなら6ユーロ)
全体の模型





チケットを買って外に出ました。
左の建物がお城です、正面は展示館




お城の中に入りますと、色んな部屋を見るのですが、とにかくお庭が美しい~~!!
「愛の庭園」と名づけられてます

一番下の列、左 「移り気な愛」
一番下の列、右 「情熱の愛」
下から二段目の列、左 「悲劇的な愛」
下から二段目の列、右 「優しい愛」



屋上から、同じ所です


少しずつ右に振ります



写真上の方に紫色に見えるのはラベンダーではありません



中に入ってきて正面に見えた建物が、左に見えます。 美術、博物の展示場になってました





写真中央の小さな建物が入り口になります





菜園



ここから屋上に出たり入ったり


両親も根性で登ってきました(笑) その価値は充分にありました。ここからの眺めは素晴らしいです


また降りて行きましょう

お城の内部も撮影可能ですが、この天井は見事でした





ぞくぞくと来てますね~~この時12時半ぐらいでした


続きます~~~~



2010/08/24

ロワール二日目その2

シャンボール城、大きくて美しかったです。

駐車場代3ユーロ、自動清算機、お札も使えるって書いてあるのに10ユーロ札、20ユーロ札とも蹴られてしまい、??何でダメなの??

どうやらおつりが無いのでだめみたいです、、。もたもたしてたら、後ろに数人の列が、、スンマセン。 小銭を作りにまた売店に戻ろうかとしたら、イタリア人の観光客(妻曰く、イタリア訛りの英語だったそうです・笑)が、両替してあげるって言ってくれました♪ ありがとうございます♪ でも私は初めは、両替してくれと言ってきた??って思ったのはヒミツです(笑)


18時過ぎに帰って来いってホテルに言われてますのでブロア城に行く事にしました。





聖ルイス大聖堂が見えました



この橋を渡って向こうの街中に








ああ、お城がある~~




でも駐車場に入る道を通り過ぎたため、撤収~~(笑)
一方通行でまた戻ってくるのが、、、面倒で、、



先に行ってたら道端に駐車できる教会がありましたので

聖ニコラス教会、12世紀のものだそうです














正面



祭壇の後ろから、



小さな祭壇



外に出ましょう






教会の近くのお店











ブロアのお城は車の中から見ただけで帰りましょう、、、お腹が空いてきました(笑) 部屋も気になります。 よい子は真似しないでください(笑)


この橋??は、この道路までで切れて終わってました、壊れたのでしょうか




18時過ぎホテルに戻ったら、カギにセロハンテープで紙が張ってありました、「5」って



レストラン(ミシュラン1☆)併設のオーベルジュ、できるだけ早く夕食をって言ったら19時15分
。夕食まで暇つぶし、一瞬寝てました(笑)

日本人も結構やってくるようです。
☆付きなので、多少期待してました!

ストロボ無しで撮りましたので、写りが悪くスイマセン

ここから下は全てコンデジ撮影です。

アミューズ、ホウレンソウの冷たいスープ、バケットのおかき、 赤いのは生ハム



前菜、フォアグラ、泡のたったソースというかスープ、葉っぱの下は、おいしいジャム3個のナッツ




両親は、やぎチーズのサーモン巻き
、サラダ
非常に好評でした


↑ゴマをまぶした煎餅の様な物がのってました。 メニューを読んで想像していた物とは全く違う物でした(爆)




両親は焼き魚の詰め合わせ。ある魚の肉質というか食感が異様な物に感じられたそうです
下には温野菜



我々はお肉で、子豚ソースはいろんなハーブで
いちじくみたいなのはアーティチョーク、その横に小タマネギ




イチゴのタルトにシャーベット





濃厚で甘いチョコドーム(中はキャラメル味のムースにヌガーが層になってました)、下にさくさく生地
甘い物好きな父も完食!


満席でした。
この日はコ-スを頼みましたので、前日より安く済みました。付いてくるパンが美味しかったです♪


お腹を落ち着かせる為に、ちょっとお散歩です







泊まった宿です



美味しい物食べて、この日も無事終了♪
2010/08/24

ロワール二日目その1

翌日、まだちょっと霞んでますか、、曇りです。4日です





カギをあけて朝食に




ワンチャンもいました♪




ここで朝食、クロワッサン、甘いパン、フランスパン等、美味しいですね♪ 
ハム類はドイツが美味しいかな?(地元びいき・笑)


ここのホテルは一泊朝食込みで一部屋(二人)1万5千円ぐらいでした。今はもっと円高なので、もう少し安くなりますかね。


シャンボールの方に向かいます



今日のホテルは、お城に程近い所に取りました。
14時半ごろホテルに着き、予約の紙を見せましたら、フランス語しか通じないお姉さんが次第にそわそわ、、、

カギが一つ無い、、、。あちこち電話しまくります、、、。

フランス語でなにやら必死に言ってます、、、。ポルトガル語を理解する妻がなんとなくわかったようで
「前の客が、一つ鍵を持ったまま出発してしまい、カギが無いので、一つの部屋に入れない、、、」

「マスターキーは無いのか??」(英語)と言っても「??」

すったもんだして、両親の部屋にまず荷物入れて、お城を見て帰ってくる間に、カギは何とかしておくという事に(笑) マスターキーで、われわれの部屋を見せてくれて、お部屋はここですからって。

マスターキーあるじゃないの!! 私は部屋に入れなくて泊まれなくなるのか??って心配してましたよ(爆)





それで突然ですが、シャンボール城です♪

駐車場は大きいです。が、お城に近い方は一杯で、満車か??と思いました、少し離れた一角はガラガラでした(笑)

WIKIより抜粋
シャンボール城は、古典的なイタリアの構造に伝統的なフランス中世の様式を取り入れた、フレンチ・ルネサンス様式が特異な城である。ロワール渓谷最大の威容を誇るが、元はフランソワ1世の狩猟小屋を始まりとした城であり、彼の主な居城はブロワ城アンボワーズ城であった。
シャンボール城の設計はドメニコ・ダ・コルトナによるものだったが、1519年から1547年にかけての建設の間にかなりの変更が加えられた。レオナルド・ダ・ヴィンチはフランソワ王の客人であり、アンボワーズ城近くのクロ・リュッセに住居を与えられた。ダ・ヴィンチはシャンボール城の設計に関与していたと考えられている。城の完成が近づくとフランソワ王は、自分の富と権力の巨大な象徴として、宿敵カール5世をシャンボールに招待して見せびらかした。


売店が並ぶ前を通り、お城に向かいます
キヤノン18mm-55mm


さすがに夕方3時半ごろでしたがまだ沢山の人が来てました。



写真中央にフランソワ1世のシンボルマーク、サラマンダー(火とかげ)
コンデジ妻撮影




こちら側が入り口、コンデジ、妻撮影


コンデジ妻撮影


青空が出てもすぐに曇ってしまいます

全体が入るように、歩いていきます

キヤノン18mm-55mm





シグマ広角10mm-20mmの10mm



また近くに戻りまして
シグマ広角10mm-20mmの20mm



今回、中には入らずに終了(笑)



お城の色ですが、↑はコンデジ、↓はデジイチ。
ただ、この日に限りますと、コンデジの色が実物に近いです


↓はシグマの広角10ー20mm、20mm





シグマ10mm-20mmの20mm



シグマ広角10mm-20mmの10mm




これは50mmの短焦点で






コンデジ、妻撮影


お城の中を歩く元気を、外回りに使いました・(笑)

広い庭になってます





それではまた~~




2010/08/23

ロワール古城巡りその2

夕食は村に一軒だけのレストランへ、ホテルから予約しておいてもらいました。

年寄りは早く食べて休みたいようですが、なにせ、フランスは早くても19時半からの夕食
(もっと早くから食べられるレストランもあるかもしれません、、、)


ホテルの裏側




19時25分頃です、ぶらぶらと歩いて








村のメインストリート? いや、わき道です。でも広さは似多様なものでした




夕方、涼しくて上着着てます
着いたらもうお客さんがいましたので、19時半前にも座れるようです



我々はお店の中に席を替えてもらいました、8月3日でしたが寒すぎ(笑)


行ってみてビックリ、、、
メニュー見てビックリ~~本格的フレンチでした



アミューズ、お豆の冷スープ、キュウリのサラダ、サンドイッチの中は赤ピーマン味






前菜、コースの前菜が両親に重過ぎましたので、ミックスサラダを一人ずつ、特別に作って貰いました。
カニつめが入ってました!♪ これが、また美味しい






前の記事で載せました白い牛のステーキ
肉質は、、、、、固い、、、、、、、。両親は完食できず、、、こちらに回ってきました
ジャガイモは非常に美味しかった
野菜のラタトゥユも好評





他のテーブルに運ばれたデザートを見て、あれが食べたい~~との声に、必死で隣のテーブルにばれないように小さな声で「あれと同じものを下さい」というのですが、通じず、、最後は向こうのテーブル指差して~~(恥)           向こうのお客さんに「ホント美味しいですよ~」と言われました♪


ちなみに若い綺麗なおねえさん、英語、分からず、、、。

イチゴのタルト、チェリーのコンポートの上にホワイトチョコムース、ミントの葉っぱ添え、イチゴのシャーベット、黄色い線はマンゴーのソース



単品で注文したので、支払額は、一人50ユーロぐらいになりました。約6000円
ワインは妻だけ、ブルゴーニュの赤をグラスで、約600円
本日のコースで頼むほうが安かったです、、。が、何が出るのか、読めず、分かった物を注文したためです(笑)



食べ終わって外に出ればさすがにテラスにはほとんどお客さんは居ませんでした



こうしてフランスの初日を終えました

2010/08/23

ロワール古城巡りその1

ローテンブルクから帰って来て、2泊、我が家で休養でした。
ご飯に味噌汁、塩鮭、うどんなど、両親にもうれしい食卓。食べ慣れたものだと、お腹も一息ついて元気も湧いてきます(笑)

母は、運動靴を買いました。歩き回るにはやはり運動靴、このあと、重宝しました♪


8月3日出発2時間ちょっと走ったぐらいでフランスに入る前に、うまい具合にフライブルクがあるんです。そこには すごく美味しいお店「椿」があります。

ここに行くのがすごく楽しみの我々、仏からの帰りに去年も寄りました。

これから5日間、フレンチ三昧になるので、その前にお寿司食べたいよね~~ランチに間に合いました



私と妻は、↑を3人前注文して二人で食べました♪
カウンターにて、板長くさかべさんと楽しくお話しながら♪
もっと食べたいのをガマンして、フランスに向かいます




今日のホテルです。
ブルゴーニュ地方のボーヌから少し北に行った所で、田舎の極致、ナビ無しでは心配になるような所でした。
ホントにこんな所にホテルがあるか??って(笑)






古い館をホテルに改修してありました。オーナーはドイツ人。 オーナーは独語通じますが他のスタッフは仏、英語です♪





階段に注目



客が通っても寝てました(笑)


中から








フランスは掛け布団が大きい物一枚(二人分)、これが中々曲者でして、、毛布がベッドに挟まってて、、、寝にくいです(笑)








窓から




アップしてみると、白いのはこの地方の名産牛でした







庭に下りていきます





階段の下のネコちゃんが







裏庭の方に











美味しそうな実がなってました、ナンでしょうね?? 背のたけ10センチぐらいの小さな物でした








庭で椅子に座って休憩しながら夕食の時間まで暇つぶしです。

ネコちゃんもまた、階段のいつもの場所に戻ってお休みです(笑)





この後、村に一つというレストランに行きます
2010/08/19

ローテンブルクで休憩です

ハン ミュンデンを出発、南下していきます♪

両親は8年ぶりです

市壁(お城はありませんから)の外の無料駐車場に車を置いて



お土産やさんの前




ホテル








市庁舎
塔の窓が斜めになってるのが有名です








お店の前に

よく見ると、なんと本物のネコが入ってました!!
















噴水に写った













1596年に建てられてバウマイスターハウス


↑ 今日はこの有名な建物の中にあるレストランで 遅めの昼食、2時くらいでしたから空いてました


店の奥は、このような中庭になってます




入り口に近いほうは




食べたものです

ソーセージにザウアークラウト、ジャガイモ付き





マウルタッシェン(ドイツ風焼きギョウザ?)サラダ添え




野菜のシュトゥルーデル(パイ包み焼きみたいなもの)


もう1皿、パスタは取り忘れました、、、。
このお店は、Seniorenteller(年長者の為の、量を減らしたお皿)が、種類によっては用意されてます。日本人観光客にはありがたいです。




また来る日まで~~~




無事帰宅♪

8月1日ハルツ編、終了です。お付き合いありがとうございました♪