FC2ブログ
2015/08/31

マールブルク

マールブルクには 
聖女エリザベートを祭る教会があります。

教会は 聖女エリザベートが聖列された1235年に開始され1238年に奉献、塔は1240年に完成。
純粋な初期ゴシック建築です







入ります、奥の墓所以外は無料



入ってすぐの右にエリザベートの祭壇


左に一門の祭壇



ヒンデンブルク 墓所





後方のパイプオルガン、新しいです 2006年



柱の聖母マリア




説教壇



中央、バルラッハ作のキリスト







フランスの作家によるエリザベート、およそ1470年




この奥は有料ですが、見る価値ありです!!

一番奥の本祭壇

 





本祭壇の裏



本祭壇を背に後方を



ヨハネの祭壇



ゲオルグ/マルティンの祭壇




方伯家の墓







黄金の神殿に







右横に



左横に、鏡で映してあります






本祭壇の方へ出てきて
エリザベートの立像

↓の拡大







リッぺ伯爵の墓石









エリザベートの墓所










WIKIより
16世紀までは聖女エリザベートの聖遺物(遺骨)がこの教会に葬られていた。その後の宗教改革で、改革を支持したヘッセン方伯フィリップ1世によりプロテスタント都市とされたマールブルクからの巡礼者追放のため、聖遺物は教会から移された。今日では、聖女エリザベートの聖遺物はウィーンの聖エリザベート修道院、そしてストックホルムコシツェの市立博物館に収められており、マールブルクに残っているのは空になった棺とその覆いのみである。


エリザベートの祭壇の上にあるキリスト像、
15世紀終わり



エリザベートの祭壇およそ1300年



カタリーナの祭壇、15世紀初め








聖母マリアの祭壇



1320年にできた鐘です。645年間鳴り続けて引退





教会中央に戻ってきました



この教会もキードリヒ教会と同様に、途中に区切りがありました。
この区切りの向こうが有料鑑賞だったところです






そとに出ます






大きな教会、今はプロテスタント教会です


2015/08/30

キードリヒの教会

美味しいホテルでの朝食のあと、
前日、見損ないました教会の中を見学に行きなおしました♪




看板によりますと開門は10時からと書いてあったと思って10時半ごろ着きました。
まだ閉まったまま、、、ほかの独観光客としばしうろうろしてましたら、鍵を持ったおばざんがやってきて開けてくれました。

祭壇の方



後方、入ってきた扉




後方のパイプオルガン、
この教会はこのオルガンが目玉の一つです


世界の中でも、演奏できる最古のオルガンの一つです♪




左側にあるヨハネスの祭壇




右側にあるカタリーナの祭壇











この教会の特徴は、中央祭壇の前にこのような門のような仕切りがあるのです







↑のキリスト様の奥に中央祭壇




三日月の(上に立ってる)聖母1450年ごろ



中央祭壇

↑のアップ

オリジナルは、およそ1300年、コラールの手書き楽譜



聖バレンティン




↑祭壇の真上です






フランダース地方の移動オルガン1680年ごろ








↑↓キードリヒの聖母、1330年 (同じものです)

キヤノン6D



オリンパス OMD M5 Ⅱ











↑のアップ















中庭




隣接してるミヒャエルチャペルへ
15世紀前半












中に入ります









後方の壁に



教会の前は市役所、
日本車が並んでて、つい撮ってしまいました(笑)





次の訪問地に向かいます








2015/08/30

ライン川4

美味しいい夕食のあと、また散歩です。

食べたワイナリーの中庭





路地














無人 古?本屋さん


お金を入れる箱が置いてあります











MMSekt の VILLA
















ホテルに戻ってきました


蒸し暑い日でした。エアコンのないホテルですから、窓を少し開けて寝ましたが、そうしたら、深夜にバイク、早朝に電車、飛行機と多少うるさかったです。


朝食はすごくよかったです!



ブッフェ形式ではなくて、持ってきてくれます♪


ここで成熟させてるチーズ










ほかにも自前のジャムや、果物サラダなど、持ってきてくれました。
駐車場代も入れて一泊115ユーロ、
お得感がありました♪


陸上世界選手権、昼間のテレビはそればっかり見てました(笑)
世界柔道もネットで応援しました。
礼に始まり礼に終わる、
これができない国がありましたね。

大学生が首相を呼び捨てにして言いたい放題ができる自由な日本、でも礼を失するような者に人はついてこないでしょう。


2015/08/29

ライン川3エルトヴィッレ続き

庭の中に入ります









右上にお城が見えます




広島の平和のバラ













入ってきた門































































妻が上の方に向かいました



この廊下を向こう側に



上の方にもきれいな庭がありました(妻談)





誰かくたびれてベンチに座ってますね、、、、(笑)















↑を通りお城のある方に











反対側の門




観光案内所と一部博物館になってます




戻ります




おなじみの場所に戻りました









ライン川沿いを散歩です。
夕飯の場所を探してるとも言います(笑)


















ワイナリー兼ホテルのやってるレストランにしました
19時になってなかったと思います。
まだまだ明るいです

中庭で食べます
ワイナリーで作ってるブドウジュース・美味!!



若鶏のもも肉 アンズ茸とニョッキ



鮭と ジャガイモ、ホウレンソウ付き


どちらも美味しかったです♪

お腹がいっぱいになった後は
またお散歩♪
2015/08/28

ライン川2 ワインとエルトヴィッレ

ライン川沿いは有名なワイン産地です♪

キードリッヒには ワイナリー「ロベルト ヴァイル」があります。
教会のすぐ近くです。






路地に入ると





↑の扉から中に入ります

多少、ビビリながら入りました、立派なお屋敷です。
ですが、この有名なワイナリーも一時傾きかけて、サントリーの資本で立ち直りました。 












2014年のワインだけを売ってました
数本試飲して3本購入
客が我々だけでしたのでゆっくりできました。

そとに出ます




離れた駐車場に車を置いてきましたので、
持てる3本だけ(笑) 



また教会の前へ




この日の宿泊地、エルトヴィッレへ。
小さなホテルです



荷物を置いて夕方の散歩です














↑↓旧市庁舎























ライン川の方へ




ライン川です






バラの家










お城




































↓の赤いバラは パパ メイアン








ここの門から公園に入ります






















2015/08/27

ライン川

ブルージュから帰宅して1週間後、ライン川を見たくなりました。 
デュッセルドルフでクララ シューマンの名前を見たからでしょうか??(笑) 
(クララ シューマンの夫、ロベルト シューマンが交響曲 「ライン」を作曲)



それで19日から2泊でライン川沿いへ出発です


実は、、、ネットでたまたま見つけたのが日本レストラン
「MIYAGI」
ランチに間に合うように行きました(笑)
ギリギリセーフ



突き出し、サラダ付き





↑↓同じものを反対側から




このウナギはフランスから取り寄せて
ここでさばいてるものです




どちらにも味噌汁付き

大満足~~!!
夜も来ようと思いましたら、「予約で満席です、、、、」
断られました、、、、涙
この1週間ぐらい夜は予約で満席とのことでした



場所が辺鄙な町、WALLUF ヴァッルフ(スイマセン)
マインツの近くですが 
駅です





この正面にお店があります

満足のランチの後、この日の宿に向かいます

途中





ライン川沿いは 有名なワインの産地でもあります


ハッテンハイムに入ります
町外れに駐車して

ハッテンハイム城1118年に建てられました










町中の方へ




ホテル







↑↓の看板ですが読めますか??
(私はここの名前を知ってますので読めましたが、
知らないなら、無理です)

Rheingauer
Volksbank










市役所








川の方へ
川沿いには立派なホテルがありました




また戻っていきます























ワイナリーでした








立派なお宅は 歯医者さんでした♪





駅です





次の町に移動途中










次の町に着きました
Kiedrichキードリヒ










↑↓この町で一番古いと言われてる
ワインハウス エンゲル1681年










カトリック教会、聖バレンティン







外の扉は開いてましたが、なんと中の扉が閉まってて隙間からの撮影
ここは再訪します
















2015/08/26

朝7時の気温10℃

涼しくなりました。

でも夕方5時で31℃になってます。昼から気温がぐんぐん上昇しました。

朝、涼しいうちに新しく買ってきたバラを地面に植えました♪




2m近く大きくなるそうです
独コルデス社の「光の女王、ルチア」



英フライヤー社、スウィート ドリームは大きな鉢に植え替え
これは25日にやりました




仏メイヤン社の「イッペンブルク城」

↑の花のアップ




アサガオがすごく元気です
玄関先




庭の方














8月15日の様子


↑のアップ












26日です
我が家の3階にまで伸びようとしてます






夏休みも残り2週間半です。

2015/08/25

リンブルク 2

教会から戻っていきます

















ラーン川にかかる橋です



橋の上から、大聖堂を
















また町に戻ります



















郵便ポスト、ドイツは黄色です
















朝、デュッセルドルフで買ったカレーパンを高速の駐車場で食べました♪ おいしい~






帰りは、渋滞が無くて快適でした~~

延べ5泊の旅行、あっという間に終了です。
2015/08/25

リンブルク 

高速から降りてすぐという便利なところにあります♪
LIMBURG ですから、本来はリムブルクという方が元語に近いですが、日本の常用に準じましょう。

ラーン川沿いのリンブルクです。
ここは木組みの家並みが美しく残ってます♪

市庁舎です






ここから大聖堂の方へ



































1235年完成




大聖堂の回り







大聖堂に入ります
正面祭壇















後方のパイプオルガン








およそ14世紀のマドンナ




洗礼のための石の桶(下部)、13世紀初頭
上部の青銅の蓋は1967年




















上の板の部分は13世紀
足の人形?部分は11世紀





17世紀の壁画































見どころたくさん、すごく立派な大聖堂です


外に出ました

教会の宝物館と司教の住居など

ここに見える三軒他に約41億円ものお金を使い、
2013年に左遷された司教がいました。
飛行機での移動はファーストクラスの司教さんでした。
それがまたここを一段と有名にしました






ジオラマ









ふもとの町にまた降りていきます









2015/08/24

デュッセルドルフへ

ベルギーで延べ4泊した後、懐かしのドイツへ戻ります。




ブルージュの町を出てすぐ







高速は無料で、ベルギー オランダと走ってドイツに入ります。

デュッセルドルフに入りました♪




ホテルはLady Astor「クララ シューマンの間」








なぜここに来たかといいますと♪

ランチに間に合いました!!
10分ほど待ちました
行ってみたかった
「やばせ」


う~~ん 、おいしい~~~♪

大きなカメラ屋さんをのぞいたり、ショッピングセンターで涼みました。

夜は、またお寿司か??って相当悩んだ末に
とんこつラーメン(笑)
「匠、二代目」









黒丸、焦がしニンニクのマー油でこってりです



たこ焼き、ギョウザ


こってりと頂きました!!
お腹いっぱい!!


翌朝
「ベーカリー タカ」
カレーパン、アンパン、カステラパン、ミックスサンド、ちくわパン、それに食パン↓を購入


久々に日本のパンをおいしくいただきました!!

旧市街??行ってません、、、

この後、通り道のリンブルクに立ち寄ります♪